ブログ
Mar 1, 2015

乗車拒否にあいました。

タクシーの乗車拒否にあってしまいました。 😥
といっても、私がひどい酔っ払いだったわけではありません。

千葉市でのお役所主催の講習会に出席した帰り、
たくさんの資料を持っておりカバンはとても重く、
1メーターの距離でしたがタクシーに乗るか、バスに乗るか迷っていました。

会場を出てすぐのところに、バス乗り場とりっぱなタクシー乗り場が並んでありました。
すると千葉駅行のバスが来たので、私はバスに乗ろうと思い走り始めました。

するとバス停とタクシー乗り場のさらに向こうにポストを発見!
ちょうどその日は千葉市内でぜひ投函したい郵便物も持っていたので、
バスは断念して投函しました。

バスが行ってしまった後、じゃあ、タクシーに乗ろう、と乗り場で客待ちをしていた1台目に乗り込みました。

その運転手さんは70歳位で、目と表情にあまり生気がない顔で振り向き、
手にはまさに今開けたばかりの、お弁当箱がありました。

「すみません~、千葉駅なんですけど…。」と言いました。
すると運転手さん、弁当をしまうそぶりは全くなく、
「千葉駅~?だったらさっきのバスに乗ればよかったじゃない~。」

私はそれほどムッとしたわけではなかったのですが、
「じゃあ、いいです。」と言ってタクシーを降りました。
そしてバス停に行き、時刻表を確認しはじめました。
荷物が重いんだけどな~、やっぱりバスに乗れってことかな~と
思いながら。

すると、さっきのタクシーの運転手さんの運転席側のドアに立ち、大きな声を挙げているおじさんの声が聞こえてきました。
そのおじさんは
「弁当なら後ろで食えよ!」
「千葉駅だからって、あんた、そういう問題じゃないだろう!」
とすごい剣幕です。
どうやら客待ち2台目の運転手さんのようです。

うわ~なんかすごいことになっているかも?私のせい?
と私は身を固くして聞いていました。

少しして、私の目の前にぎゅんっとすごいスピードでタクシーが止まりました。
2台目の運転手さんでした。
「乗んな。千葉駅だろ。お金はいいから。」

千葉駅まで乗せていってもらう最中、運転手さんは怒り心頭といった様子で話続けました。
「あの人はいつもああらしいんだ!」
「同じ会社でさ。ごめんね。嫌な思いさせて。」
「千葉駅だからって!あそこからの客はだいたい千葉駅なんだよ!」
「710円(ワンメーター)の客を大事にしないでどうするんだよ!」

運転手さんはいらないといったけど、手元にあった400円だけ置きました。

710円の客を大事にしないで、どうする…、その言葉が胸に響きました。
私はどうだろうか?目の前にいる人を大切にしているだろうか、と。
貴重な経験ができた曇り空の夕方でした。

Posted in つれづれComments Closed 

 

Mar 1, 2015

ほめ上手

ある晩、うちの双子が学校の宿題に取り組んでいました。

算数の宿題で、定規やコンパスを使って好きな図形を描くという宿題でした。

もともと算数が得意な息子と、算数は苦手だけど絵を描くことは得意な娘。
どちらもなかなか凝った図形を描いていました。

そこで張り合う二人
「私の方がもっと複雑なのを描けるからね~。」
「じゃあ、こんなの描けるか~?」

どっちもそれぞれ良いのだから…と思いつつ黙ってみていました。

すると娘が息子のものより、やや複雑なものをきれいに描いて、息子に見せました。
すると、息子が
「すげな~おまえ」
とするっと言いました。

息子の言葉は、素直でストレートで端的で、とてもよい響きでした。
その場で息子のことを「人のことを素直にすぐに褒めるのはすばらしい!!!」と
ほめました。

人を褒めるときのテクニックもいろいろあるようですが、
本当にそう思って、まっすぐな気持ちでほめる、というのが一番大事なところかもしれないな~と、あらためて思った日でした。
__

Posted in うちの双子Comments Closed 

 

Mar 1, 2015

軽井沢のさくら

GW後半
娘のリクエストで軽井沢に家族でやってまいりました。

こちらでは今、ふつうの桜(ソメイヨシノ)
しだれ桜 と 八重桜 を いっぺんに見ることができました♡
得した気分です~ 😮
untitled

私は重いノートパソコンしか持っていないのですが、それを持ってきたところ
意外と夜に仕事ができました。

目の前に洗濯物や洗い物や、会計仕事の書類がないからでしょうか~?

旅先で財布のひもがゆるんでいて、子どものリクエストに答えすぎな感じもしますが、たまには旅行もやっぱりいいですね。

プリンス通りは終日渋滞している感じでした~。
(我が家は夫婦二人とも車の運転が好きではないので、新幹線で来ました)

タクシーの運転手さん曰く、
軽井沢・プリンスショッピングプラザの駐車場に入るのに大渋滞している、
知っている人は朝はや~くから来る、とのことでした~。

車の運転で移動される方、どうぞ気をつけてくださいね~。

Posted in つれづれComments Closed 

 

Mar 1, 2015

生まれてきてくれてありがとう

私はときどき子どもを見つめながら、頭をなでながら言います。
「お父さんとお母さんのところに来てくれてありがとう。」
「生まれてきてくれて、ありがとう」と。

私たち夫婦は長い間子どもに恵まれなかったので、
よけいにそう思うのかもしれません。
また、私は魂の世界はわりと信じるほうです。
なので、子どもたちが2歳ころから、そんなことを言っていたら、
いつのまにか子どもたちとのやりとりの中で話が発展…。

当時4歳の娘いわく
「二人でね~(双子なので)、お空をとんでいたんだよ。
それで、お父さんとお母さんを見て、いいかな~って思って、
二人で手をつないで、お母さんのお腹の中に入ったんだ~」

よく言う生前記憶が娘にあるとは思いませんが、
そうかもな~と思い、とてもうれしくなります♡

Nature1-012たぶん、赤ちゃんたち、子どもたちは、親を選んで生まれてくるのでしょう。
(それが過酷なことになってしまっても、あえて選んできているかもしれません)

主婦としてはダメダメな私のところに、よく来てくれたと思います。

 

きてくれてありがとう。

きみたちが羽ばたくその日まで、いっしょにいようね。

Posted in うちの双子Comments Closed 

 

Nov 29, 2014

子育ては密度が大切

私の母は私たち姉弟が小さいときからフルタイムで働いていました。

保育園児だったし、もちろん小学1年生から鍵っ子でした。
学校から帰った後、おやつは欲しければ台所の戸棚を開け自分で取りました。
「宿題やったの?」と聞かれた記憶は1回もありません。

でも一度も私は母の愛情を疑ったことはありませんでした。

それは、母は私たち子どももと接するときはいつも全力投球だったからです。

私には“自分は母にとってかけがえのない存在なんだ”というような、
言葉にならない実感がしっかりありました。

だから、今、いそがしくても、子どもと接している時間は全力投球!のつもりです。

子どもと話しているその一瞬は100%子どもに意識を向けます。
なるべく!

(この記事は以前書いたものを再投稿しました)

Posted in 子育てComments Closed 

 

1 2 3 4