ブログ
Nov 29, 2014

これってアトピーですか?

診察室の椅子に座るやいなや、
私に、赤ちゃんの頬を見せ
「これって、アトピーですか!?」
と聞いてきました。

赤ちゃんの頬の湿疹は、軽いものでした。

実は初診でこの質問に答えるのは難しいのです。

なぜならば、アトピー性皮膚炎というのは
“繰り返す、慢性の湿疹”だからです。
初めてみて、すぐに判断するのは、難しく、
経過をみた方がよいと考えるからです。

一般的には、
皮膚科医は早めに“アトピーです。”と言い、
小児科医は比較的慎重に言うことが多いように思います。

ですから、小児科医に、赤ちゃんの湿疹について
「これは、アトピーですか?」と聞いても
「様子を見てみないとわかりません。」
と、言われることが多いと思います。

赤ちゃんのお肌はもともと薄くてデリケート
乾燥やちょっとした刺激でも、すぐに湿疹になることも多いのです。

赤ちゃんのうちは、“うちの子はアトピーかも?”と
心配しすぎないようにしてくださいね。

131

 

Posted in 子どもの健康Comments Closed 

 

Oct 29, 2014

なだれが~!?

子どもは、言葉の数がどんどん増えていくとき、よく言い間違えをしますよね。
私のむすめの言い間違えベスト1を紹介します。

娘が2歳半くらいのことだったでしょうか?
掃除が苦手な私はよく雑誌や絵本、洗濯ものなどをよく積み上げておいていました。
こどもたちがよくその上に、よりかかったりするので

私はよく「雪崩(なだれ)が起きるから、よりかからないで~」
と言っていました。

あるとき、娘と二人で部屋にいたとき、
積み上げていた洗濯ものが自然と崩れ落ちていきました。

それを見た娘は
「あ、よだれが~!!」

むすめよ……。

(2013年の過去記事です)

Posted in うちの双子Comments Closed 

 

Oct 29, 2014

乗車拒否にあいました!

タクシーの乗車拒否にあってしまいました。 :cry:
といっても、私がひどい酔っ払いだったわけではありません。

千葉市でのお役所主催の講習会に出席した帰り、
たくさんの資料を持っておりカバンはとても重く、
1メーターの距離でしたがタクシーに乗るか、バスに乗るか迷っていました。

会場を出てすぐのところに、バス乗り場とりっぱなタクシー乗り場が並んでありました。
すると千葉駅行のバスが来たので、私はバスに乗ろうと思い走り始めました。

するとバス停とタクシー乗り場のさらに向こうにポストを発見!
ちょうどその日は千葉市内でぜひ投函したい郵便物も持っていたので、
バスは断念して投函しました。

バスが行ってしまった後、じゃあ、タクシーに乗ろう、と乗り場で客待ちをしていた1台目に乗り込みました。

その運転手さんは70歳位で、目と表情にあまり生気がない顔で振り向き、
手にはまさに今開けたばかりの、お弁当箱がありました。

「すみません~、千葉駅なんですけど…。」と言いました。
すると運転手さん、弁当をしまうそぶりは全くなく、
「千葉駅~?だったらさっきのバスに乗ればよかったじゃない~。」

私はそれほどムッとしたわけではなかったのですが、
「じゃあ、いいです。」と言ってタクシーを降りました。
そしてバス停に行き、時刻表を確認しはじめました。
荷物が重いんだけどな~、やっぱりバスに乗れってことかな~と
思いながら。

すると、さっきのタクシーの運転手さんの運転席側のドアに立ち、大きな声を挙げているおじさんの声が聞こえてきました。
そのおじさんは
「弁当なら後ろで食えよ!」
「千葉駅だからって、あんた、そういう問題じゃないだろう!」
とすごい剣幕です。
どうやら客待ち2台目の運転手さんのようです。

うわ~なんかすごいことになっているかも?私のせい?
と私は身を固くして聞いていました。

少しして、私の目の前にぎゅんっとすごいスピードでタクシーが止まりました。
2台目の運転手さんでした。
「乗んな。千葉駅だろ。お金はいいから。」

千葉駅まで乗せていってもらう最中、運転手さんは怒り心頭といった様子で話続けました。
「あの人はいつもああらしいんだ!」
「同じ会社でさ。ごめんね。嫌な思いさせて。」
「千葉駅だからって!あそこからの客はだいたい千葉駅なんだよ!」
「710円(ワンメーター)の客を大事にしないでどうするんだよ!」

運転手さんはいらないといったけど、手元にあった400円だけ置きました。

710円の客を大事にしないで、どうする…、その言葉が胸に響きました。
私はどうだろうか?目の前にいる人を大切にしているだろうか、と。
貴重な経験ができた曇り空の夕方でした。

(2013年の過去記事です)
032

Posted in つれづれComments Closed 

 

Oct 29, 2014

生まれてきてくれてありがとう

私はときどき子どもを見つめながら、頭をなでながら言います。
「お父さんとお母さんのところに来てくれてありがとう。」
「生まれてきてくれて、ありがとう」と。

私たち夫婦は長い間子どもに恵まれなかったので、
よけいにそう思うのかもしれません。
また、私は魂の世界はわりと信じるほうです。
なので、子どもたちが2歳ころから、そんなことを言っていたら、
いつのまにか子どもたちとのやりとりの中で話が発展…。

当時4歳の娘いわく
「二人でね~(双子なので)、お空をとんでいたんだよ。
それで、お父さんとお母さんを見て、いいかな~って思って、
二人で手をつないで、お母さんのお腹の中に入ったんだ~」

よく言う生前記憶が娘にあるとは思いませんが、
そうかもな~と思い、とてもうれしくなります♡

ダメダメな主婦の私のところに、
よく来てくれたな~と、思っています。

ありがとう。

(2013年の過去記事を編集しました。)

Posted in うちの双子Comments Closed 

 

1 2 3